ロゴイメージ

東京臨海広域防災公園

文字サイズ

グローバルナビゲーションボタン

  • ご利用案内(総合案内)
  • 園内・館内マップ
  • 大規模災害に備えて 整備の経緯
  • 防災体験学習(そなエリア東京)
  • イベント情報
  • アクセス

閉じる

大規模災害に備えて

ブログ / 災害ミニコラム

『そなエリア東京大学一泊サバイバル体験』 開催しました!

6月17,18日の2日間で、警視庁警備部災害対策課と共催で、宿泊型の防災イベントを開催しました。実際の震災発生後を想定して、参加された大学生の皆さんと共に災害時に必要なことや、学生ボランティアとして活動していくためのスキルなどを身につけていただきました。

まずは、そなエリア東京の体験ツアー『東京直下72h TOUR』で、地震が起きた後の街を体感。
s_IMGP2122

その後、2Fに移動して、警視庁の特殊救助隊によるお話や救助方法の実技などをレクチャー。
s_IMGP2166

s_IMGP2206

s_IMGP2222

夕方には、ダンボールで間仕切りを作ったり、非常食を準備したり、非常用トイレを作っていたり、チームごとにテキパキと行動されている姿が頼もしかったです。
s_IMGP2280

s_IMGP2296

シークレットミッションとして、深夜2時に不意打ちで緊急地震速報と、地震に伴って火事が発生したため、火災警報を発報して自動ドア前まで避難をしてもらいました。
s_IMGP2337

夜が明けて18日は、災害対策課からのアドバイスや被害想定をもとに今後の行動についてどうするべきかを皆さんで話し合っていただきました。
s_IMGP2387

s_IMGP2399

最後には、大学のまわりの避難所などで起きている様々な問題を無線機で連絡を取りながら解決していくミッションを実施。情報伝達の大切さを認識していただきました。
s_IMGP2424

s_IMGP2439

終了後に書いていただいたアンケートには、
「災害発生時は、落ち着いた行動と皆の協力が大切なんですね。」
「自分の持っている知識を最大限に引き出し、最大限に活用することが大事ですね。」
といった意見もありました。
s_集合写真1

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。
今回のイベントは、企画段階から災害救援ボランティア推進委員会様にご尽力いただきました。より詳しい内容をアップしていただいておりますので、こちらのページも、併せてご覧ください。
また、非常食については、内閣府防災担当から、口腔ケアグッズをサンスター株式会社様からご提供いただきました。ご協力、ありがとうございました。

2017.06.20 | イベントの様子 そなエリアブログ