ロゴイメージ

東京臨海広域防災公園

文字サイズ

グローバルナビゲーションボタン

  • ご利用案内(総合案内)
  • 園内・館内マップ
  • 大規模災害に備えて 整備の経緯
  • 防災体験学習(そなエリア東京)
  • イベント情報
  • アクセス

閉じる

大規模災害に備えて

ブログ / 災害ミニコラム

「サバイバル訓練!空き缶でごはんを炊こう」を開催しました。

8月11日(金)山の日に新イベントとして

”サバイバル訓練!空き缶でごはんを炊こう!”を実施しました!!

IMGP4152

小雨が降る中、イベントがスタートです!

 

まずは空き缶の蓋を缶切りで開けます。

IMGP4157

そしてお米と水をいれて、アルミホイルで蓋をします。

IMGP4171

空き缶をもう一つ用意して、かまどをつくります。

ここはカッターを使う作業なので、大人の方にやってもらいました。

下写真の右に写っている見本のように、穴を開けていきます。

IMGP4179

かまどが出来たら、落ち葉や木の皮を中に入れ点火します。

火がついたら、お米を入れた缶をかまどの上に乗せて、

どんどん火を焚いていきます。

IMGP4190

今回は身近なものを使ってご飯を炊くことがテーマなので、

燃料は牛乳パックと割り箸を用意しました。

IMGP4193

このごはん炊きは強火を維持することが一番のコツなので、

火が消えないようにおよそ20~30分程、燃料を入れ続けます。

すると、中からいい匂いがしてきますので、火を弱めて蒸らしていきます。

味見をしてみたいですが、ここはぐっと我慢です!

IMGP4205

そして、待つこと約10分…本当に空き缶でごはんが炊ました!

ごはんの炊け具合に参加者のみなさんも驚いていらっしゃいました。

これで電気やガスが止まっても、ごはんが食べられますね!

また一つ備えることができました。

2017.08.15 | イベントの様子 そなエリアブログ